忍者ブログ
オカヤドカリ初心者の飼育日記 ウメボシイソギンチャク、タテジマイソギンチャクも飼育中
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エビだらけになっている水槽を眺めていたら、アカシマモエビの1匹が何かをもってました。
黒っぽい小石というか大粒の砂みたいなものですが、ウチの水槽はサンゴ砂で黒っぽい砂なんてのはないわけで。

何を持っているのかと、よ~く見てみたら。
81df4d37.jpeg タテジマイソギンチャク

移動中のイソギンチャクが水流で流れてたまたまエビの手についたのかと一瞬思いましたが、振り払いもしないで持ち歩いているわけで、どうも食べているような・・・。
fa171e78.jpeg じっくり観察してみると、イソギンチャクを手で転がしつつツマツマつついてて、どう見ても食べてるようにしか見えないわけで。
(カーリーやセイタカイソギンチャクを食べるらしいという情報は知ってたんですが、イソギンチャクならなんでも食べるんでしょうか。)

このままではマズイと思って、餌を入れればそっちへ興味を持つかと甘エビの切り身を投入。
他のエビやナベカが大喜びで甘エビをかっさらっていく中、問題のエビはタテジマイソギンチャクを持ったまま離しません。
0a8e9ce7.jpeg そしたら、一瞬色めき立っていた他の面々も落ち着いてきまして、甘エビからの興味がそれてきました。
どうも甘エビの味が気に入らないようです。結構前に買って冷凍していたものだし当然かもしれませんが。

餌では離してくれなかったので、ピンセット使ってイソギンチャクを離させようとしましたが、ピンセット近づけたらイソギンチャク持ったまま逃げるだけで、網使ってみても捕らえられず、イソギンチャクの救出はあきらめました。
放っておけば、どこかで手放すだろうし、イソギンチャクに大したダメージがなければその場所で復活するかもしれないという甘い考えです。

しばらく経った後に見たら、イソギンチャクを手放してましたが、イソギンチャクは無事なんだかどうだか・・・。

61ac994c.jpeg また、備前焼のコーヒーカップ割りました。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/08 麗奈]
[11/24 無名]
[11/22 mana]
[08/24 mana]
[08/16 オカクラゲ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
オカクラゲ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
お天気情報

Copyright © [ オカヤドカリはじめました ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら… Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]