忍者ブログ
オカヤドカリ初心者の飼育日記 ウメボシイソギンチャク、タテジマイソギンチャクも飼育中
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウメボシイソギンチャクが1匹残して全滅しました。

飼育ビンの海水が暑さでダメになったみたいです。
たまたま水面上へ移動していた1匹を残してあとは溶けてたり、崩れかけたり・・・。

エアレーションも効果がなかったようで・・・。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 水モノは...。
お久しぶりです。
夏場は水温管理が難しいですねぇ、本当に。
うちは家の前で捕まえた日本ナマズが日々、★になっていきます。
温度が高いからかなぁ、やっぱり。

その点、オカヤドカリは我慢強いですよね。
命懸けの脱皮の時を除けば、まず安心。
しっかりとお世話して真水と海水をしっかりと準備しておけば彼らは大丈夫。
なんでも食べますしね。

イソギンチャク、一匹、上手く生き残りますように。
mana URL 2010/08/16(Mon)01:00:00 編集
» 難しいです
ホントに水槽は難しいです。

過去にタナゴを飼育していましたが、屋外だったのが災いして最初の夏に暑さにやられて半減、翌年の夏には日除けをしたものの全滅しました。
川や海は常に水が流れているし、水量が膨大なので水温が低く保たれているので、その環境で暮らし慣れた生体にとって水槽の中はサウナ状態なのかもしれません。

1匹だけになったウメボシイソギンチャクはエアコンが稼働している部屋に置いてビンの水温があがらないようにしてます。
昨日、餌の釜上げシラスを与えたので、今日は一回り大きくなっていました。

オカヤドカリにとってはこれくらいの暑さのほうが故郷を思い出せるのか、夏にはいってからかなり元気です。
オカクラゲ 2010/08/16(Mon)01:56:02 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/08 麗奈]
[11/24 無名]
[11/22 mana]
[08/24 mana]
[08/16 オカクラゲ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
オカクラゲ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
お天気情報

Copyright © [ オカヤドカリはじめました ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら… Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]